スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはよう21(11月号)発売

この度、中央法規出版㈱より



おはよう21(11月号)が発売されました。



私の連載2回目が掲載されています。













さらに嬉しい出来事が。



僭越ながら、先月の読者アンケートで良好な反響が。



ありがとうございます。



最近の乾いた心に染みます。

















数部いただいたので、



興味のある方には無料で差し上げます。



ご連絡ください。→yusuke8823@gmail.com















今週末は、久しぶりに泊まりで東京の研修に行きます。



内容はセンサリィ・アウェアネスというもの。





興味のある方は、 ここ をご参照ください。















直接介護に関わる研修ではありませんが、



遠まわしにケアに活かせるような内容を学びます。















新しく得られた知識がありましたら、



またご報告させてください。


スポンサーサイト

しずおか介護フェア2012



9月16日(日)

ツインメッセで開催された

「しずおか介護フェア」に参加してきました。



主催、静岡県。

共催、静岡新聞社・静岡放送です。













会場の中央では、介護技術コンテストが行われていました。



今回の(おそらく)メインイベントです。











6名くらいの選手?が同時に、



お題にそった介護をモデル役にします。



それを2人の試験官がガン見します。




介護福祉士の実技試験と同じ感じだそうです。













私たちは、その姿を2~3m離れた所から見ます。



立ったまま、じっと見ます。



10分介護を行い、終了です。













・・・一般の方があのコンテストを見て、



介護の何を感じられたのでしょう。







叶えばアンケートを拝見したいです。



(そういえば、アンケートもとって無かった気がします。)













私が参加して一番良かったことは、



介護はまだ「ここ」だということがわかったことです。



そういう意味で、価値のある時間でした。

お客様の言葉3



   『すぐにいくでね』




昨日、一人のお客様が亡くなった。

最後のお別れにと会いに行ったお客様が言った言葉だ。

笑顔だった。



そう遠くはない自分の死を覚悟し、笑顔で見送ることができる。

亡くなったお客様からするとどれだけ心強かっただろうか。



もちろん意識して言った言葉ではないが

職員のだれよりも亡くなった相手の気持ちを思った

素晴らしい看取りケアをしてくれたのだと思う。






事務的な自分を反省するばかりです。


「死について」の勉強会



9月6日(木)

焼津市内の特養さんにて



「死について」の勉強会が開催されました。



講師は、同市内にあるお寺の副住職さんです。



ご好意で、参加させてもらいました。













勉強会には、20名程度の方が参加されていました。



施設長さんや次長さんをはじめ、

休みの職員さんも参加されており、

施設の「輪」を感じました。













副住職さんの声は、とても深いテノールです。



穏やかな腹式呼吸で、よく響きます。



聴いているだけで引き込まれました。















勉強会では、はじめにイスでの坐禅を組みました。



坐禅に、目的はないのだそうです。



しかし、目的がないことを真剣に行うことに、本当の意味があります。

















その後、さまざまなお話(法話?)をして頂きました。



そこで何を感じたかは、参加者それぞれだと思います。



私なりに感じたことを、少し。















〇人生に、幸せも不幸もないのかも知れません。

2つに分けるのは、難しいのかも知れません。





〇答えを出さないことが、答えかも知れません。

グレーゾーンで生きることが、大切な気がします。





〇いまのまま生きればいい。

苦しくても辛くても、いまのままと思いました。













この考えは、きっと半年後には、変わっています。



早くも明日に、消えているかも知れません。



でも、それもあるがままでいいと思います。













私は、まだ介護の世界にとどまります。



理由は、正直よくわかりません。



でも、それを改めて思えた時間でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。